【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日本ケミファ 20年度決算 上期の営業損失から一転 通期は5億円強の黒字に

公開日時 2021/05/17 04:49
日本ケミファは5月14日、2021年3月期(20年度)の通期の営業利益が5億6400万円(前年度比54.8%増)だったと発表した。20年度上期は19年10月と20年4月に実施された薬価改定影響やオーソライズドジェネリック(AG)などとの競争激化、コロナ禍の影響を受けて1億8900万円の営業損失を計上するなど、各利益段階で赤字となった。しかし、20年6月及び12月に発売した後発医薬品や、20年7月に導入した長期収載品クラリシッドが収益に貢献。経費使用の厳格化に加え、支店営業所の統廃合、MRを対象とした希望退職者募集、研究開発費が一部来期にずれ込んだこともあり、各利益段階で黒字化した。

同社の20年4月の薬価改定影響率は、18年4月をベースにすると約16%の引下げ、19年10月をベースにすると約7%の引下げとなった。

20年度の連結業績は売上315億4100万円(前年度比0.7%減)、営業利益5億6400万円(54.8%増)、親会社帰属純利益4億9500万円(13.4%増)――だった。医療用医薬品売上は273億2200万円(1.7%減)で、このうち後発品売上は255億3200万円(3.4%減)、「主力品及び新薬」の売上は17億9000万円(31.4%増)。20年6月及び12月に発売した後発品の売上は13億円強だった。

21年度計画は、21年4月の薬価改定で約13%の引下げを受けたほか、引き続きコロナ禍による受診抑制の影響が見込まれる一方で、後発品の販路多様化による取引拡大が見込まれるなどとして、売上310億円、営業利益3億5000万円、親会社帰属純利益8000万円――とした。

【20年度連結業績(前年同期比) 21年度予想(前年同期比)】
売上高 315億4100万円(0.7%減) 310億円(-)
営業利益 5億6400万円(54.8%増) 3億5000万円(-)
親会社帰属純利益 4億9500万円(13.4%増) 8000万円(-)
*22年3月期の期首より「収益認識に関する会計基準」等を適用するため、連結業績予想は当該会計基準等を適用した後の金額となっており、対前期増減率は記載していない。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー