【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アステラス製薬 「オンラインMR」11人を任命 5製品の情報提供 自社サイトから面談予約を24時間受付

公開日時 2021/06/16 04:52
アステラス製薬は6月15日、医療関係者への情報提供の顧客接点強化を目的に「アステラス オンラインMR」として11人を任命したと発表した。前立腺がん治療剤イクスタンジ錠など5製品について、同社の医療従事者向けサイト「アステラスメディカルネット」から面談予約を受付ける。予約入力は24時間可能。専任MRによるオンライン面談ツールを活用した応対は、土日・祝日・会社休日を除く8時~19時30分まで。同社は、診療の合間やWebシンポジウムの視聴前後などのシーンを想定し、オンラインでの情報提供を行う方針だ。

◎新たな働き方への適応や事業環境の変化に対応


新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、製薬各社の情報提供も、MRによるリアル面談に加えて、リモートやデジタルによる活動で生産性向上を模索する動きが強まっている。アステラス製薬も同様に、営業部門を含めた働き方改革を含む事業構造改革に全社で取り組んでおり、今回のオンラインMRの導入もこうした流れの一環に位置づけられる。

今回導入する「アステラス オンラインMR」はエリアに配属しているMRとは別に、医師からの面談予約をベースにオンライン面談ツールを使って、専門性の高い情報提供と情報収集サービスを行うことを目的としている。オンラインを活用することで、地理的要件や時間軸の制約を排除できるため、オンラインMRとしての生産性の向上などが期待できる。

◎製品ごとにオンラインMRを配置

一方、オンラインMRの扱う対象薬剤と担当MR数は、①前立腺癌治療剤イクスタンジ錠(3人)、②抗悪性腫瘍剤ゾスパタ錠(2人)、③腎性貧血治療薬エベレンゾ錠(4人)、④関節リウマチ治療剤である JAK 阻害剤スマイラフ錠、⑤TNF-α阻害薬シムジア皮下注(スマイラフ錠とシムジア皮下注合わせて2人)-の5製品と、オンラインMRは合計11人。

◎専門性の高い情報提供・収集活動に注力 医師とのインタラクティブな対応も

同社は、製品ポートフォリオのスペシャリティ化を進めているため、専門性の高い情報提供・収集活動が求められるところだ。このためオンライン面談に際しては、パソコン画面に資料を提示しながら情報提供するほか、医師等からの質問に対してインタラクティブに対応できるようトレーニングを積んでいる。なお、オンラインMRが提供できる情報の範囲は、通常のMR活動と同様に、「効能又は効果」「用法及び用量」の承認範囲内に限定している。同社は、「事業・医療の環境変化に対応して医療関係者のニーズに応えるべく、従来の訪問による MR 活動に加えて、オンライン MRによる情報提供・収集活動の普及に努めたい」と強調した。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(10)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー