【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

製薬企業CMランキング 企業イメージは武田薬品「世界に尽くせ、タケダ」が首位 OTCはアリナミンが独占

公開日時 2023/12/01 04:52
ミクス編集部はCM総合研究所の協力のもと、「製薬企業CMランキング・2023年7―9月期」をまとめた。企業イメージテレビCM部門の第1位は武田薬品の「世界に尽くせ、タケダ」がランクされた。一方、医薬品関連CMランキングはアリナミン製薬がトップ3を独占した。ランキングは東京キー5局を観測エリアとし、対象期間は23年6月20日~9月19日、放送母数3337商品、モニター数のべ9000人のデータを集計した。

「製薬企業CMランキング」はテレビCMを通じて薬企業のビジョンやメッセージを捉え、そのトレンドが視聴者にどの程度浸透しているかをランキング形式で分析したもの。企業イメージ部門の首位は武田薬品の「世界に尽くせ、タケダ」が選ばれた。ドローンを使って離島に医薬品を届けるCMが制作された。映像では長崎県五島列島の久賀島で実際に行った実証実験の模様が用いられている。地域医療に貢献する企業姿勢に多くの視聴者が共感した。

◎企業イメージ2位は松岡修造さんを起用した富士薬品 モデルナも健闘

第2位はスポーツキャスターの松岡修造さんを起用し、製造から販売までの一貫体制をアピールした富士薬品がランクインした。松岡さんは2011年から同社のイメージキャラクターを務めている。第3位にランクされたモデルナは、俳優の桃井かおりさんと高田純次さんが出演し、インタビュー形式の自然体なやりとりでウィズコロナ時代を印象付けた。新型コロナウイルス感染症のmRNAワクチンで一躍その名前が一般生活者にも浸透している。

◎医薬品関連CM アリナミン製薬の「アリナミンシリーズ」がトップ3を独占

医薬品関連CMでは、アリナミン製薬の「アリナミンシリーズ」がトップ3を独占。1位はアリナミンA、2位はアリナミンEX,3位はアリナミンVという看板商品が並んだ。CMには綾瀬はるかさんや反町隆史さんなど人気俳優が出演し、放送回数でも群を抜いた。

トップ10にはロート製薬や大正製薬、ビオフェルミン製薬などお馴染みの企業が並んだ。そんな中、ひと際注目されたのが「N-NOSE(エヌノーズ)」のCMだ。線虫を利用したがん検査の研究・開発を手掛けるHIROTSUバイオサイエンスの線虫検査で、CMには女優の仲間由紀恵さんが起用された。
 
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(9)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

企業イメージは武田薬品が首位
23年7-9月期調査

「世界に尽くせ、タケダ」が企業イメージトップ

2023/11/01
日々テレビなどで目にするCMには企業の目指すビジョンやメッセージが込められている。本連載「製薬企業CMランキング」では、CM総合研究所のデータを基にミクス編集部が作成、分析した製薬企業や医薬品のCM好感度ランキングを掲載。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー