米FDA ペイロニー病初の治療薬を承認

公開日時 2013/12/11 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は12月6日、ペイロニー病の適応で初めてとなる治療薬Xiaflex(一般名:ヒストリチクム菌コラゲナーゼ)注射剤を承認した。同剤の適応は、ペニスが勃起時に少なくともペニスに30度以上の彎曲を持つ変形をきたすしこり(プラーク)を持つペイロニー病。同疾患に対しての既存治療は手術のみで、初めての治療薬となる。ペイロニー病では、ペニスに瘢痕組織を生じ、それにより勃起時にペニスが異常に引っ張られ彎曲するために性交障害を引き起こす。Xiaflexは、ヒストリチクム菌コラゲナーゼに由来するタンパクで生物製剤。同剤はデュピュイトラン拘縮の適応で、2010年に既承認である。同剤は、ペイロニー病におけるペニスの彎曲の変形をきたすコラーゲンの蓄積を阻害するとみられる。同剤の安全性・有効性は...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

7月号特集
(Promotion)

国内市場は停滞期へ

急速な収益環境変化

革新的新薬こそ突破口

 

 

7/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/