バイエル 骨転移ある去勢抵抗性前立腺がん薬ゾーフィゴを新発売 初のアルファ線放出医薬品

公開日時 2016/06/02 03:51
  • Twitter
  • 印刷

バイエル薬品は6月1日、骨転移のある去勢抵抗性前立腺がん治療薬のゾーフィゴ静注(一般名:塩化ラジウム-233)を同日に新発売したと発表した。国内初のアルファ線を放出する放射性医薬品。進行した去勢抵抗性前立腺がんでは、患者の多くが骨転移しているといい、疼痛、骨折、脊髄圧迫、生存期間に影響するとされる。この骨転移巣に対し、同剤から放出されるアルファ線がDNAの二重鎖切断を誘発し、殺細胞効果を示す。国際共同フェーズ3試験では全生存期間を有意に延長することが確認された。

放射性医薬品のため、ゾーフィゴの流通は日本メジフィジックスが担当する。メジフィジックスは営業支援も行う。

用法・用量は、「通常、成人には1回55kBq/kgを4週間間隔で最大6回まで、静脈内に緩徐に注射する」。薬価は1回分68万4930円。中医協資料によると、売上はピーク時の7年後で94億円を見込む。

前立腺がんは日本で増加している。15年の発表によると、11年に新たに前立腺がんと診断された男性の患者数は約7万8700例と推計され、これは肺がんを抜いて、胃がんに続く第2位の患者数となる。去勢抵抗性前立腺がんの大半で骨転移を発症する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/