ノバルティス 抗体製剤ゾレアに「慢性蕁麻疹」効能追加を申請

公開日時 2016/06/21 03:50
  • Twitter
  • 印刷

ノバルティスファーマは6月17日、抗体製剤で気管支喘息治療として販売されているゾレア(一般名:オマリズマブ(遺伝子組換え))の効能・効果に「慢性蕁麻疹」を追加する承認申請を行ったと発表した。同剤は、血中や皮膚内の遊離IgEに結合し、肥満細胞(マスト細胞)および白血球の一種である好塩基球といった症状に関与する因子の活性化を抑え、そう痒・膨疹といった症状を抑制すると考えられている。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/