アステラス 17年度国内医療用薬売上は13%減見込み MR数の最適化「常に考えていく」

公開日時 2017/04/28 03:52
  • Twitter
  • 印刷

アステラス製薬は4月27日、日本の医療用医薬品事業の2018年3月期(17年度)売上計画は3910億円、前年度に比べ13.6%の減収になると発表した。17年6月に後発医薬品(GE)が初参入する見込みのARBミカルディスファミリー(単剤、配合剤)が400億円以上の減収となることが大きく影響する。

畑中好彦社長はこの日に開いた17年3月期(16年度)業績の説明会で、日本の医療用薬事業について、17年度はミカルディス、18年度は骨粗鬆症治療薬ボノテオが特許切れとなり、国内業績に影響を与えると指摘した。この減収影響を、前立腺がん治療薬イクスタンジ、過活動膀胱治療薬ベタニス、2型糖尿病治療薬スーグラ、高脂血症治療薬レパーサなどの新薬群を最大化させて影響を最小化させると強調し、「日本市場も引き続き重要な市場としてマネージできると思っている」と話した。

とはいえ、16年度は、GEの市場浸透による長期収載品の2ケタ減収や薬価改定影響で、6%の減収。17年度も2ケタ減収見込み。厳しい業績が続くことからMRを含む人員削減の可能性を質された畑中社長は、「MR数は、その時に持っている製品ポートフォリオや新発売品の状況等をみながら、最適化を常に考えていくのが従来からの方針」と述べ、新薬群の成長次第との姿勢をみせた。

■16年度国内売上4527億円、6.3%減

日本の医療用薬事業をみると、16年度売上は4527億円、前年度比6.3%減だった。16年4月の薬価改定では5%台後半の薬価引き下げを受けた。イクスタンジは市場拡大再算定が適用されて薬価が25%下がったことが大きく影響し、売上234億円(前年度比10.6%減)だった。

重点領域のひとつの泌尿器領域では、ベタニスが売上259億円(22.0%増)、ベシケアが256億円(3.3%減)で、はじめてベタニスの売上がベシケアを上回った。

■長期収載品の譲渡益 「競争優位の源泉となる事業に再配分」

17年度計画は、イクスタンジ、ベタニス、スーグラなどの新薬群はそろって2ケタ増収を見込む。一方で、16年度に売上932億円だったミカルディスファミリーは17年度に522億円(44.1%減)を見込む。また、ガスターなど長期収載品16製品のLTLファーマ社への譲渡(15年度実績で計290億円)もあり、結果、日本の医療用薬売上は13%強の減収となる。

なお、これら長期収載品の譲渡による対価として201億円を受け取るが、17年度以降、「その他収益」として段階的に日本市場の売上に計上される。医療用医薬品売上、この譲渡益、輸出売上などを含む日本の17年度売上計画は4269億円となるが、それでも前年度比11.2%減となる。ミカルディス特許切れ影響の大きさがわかる。

畑中社長は、長期収載品の譲渡について、「競争優位の源泉となる事業・製品へ資源を再配分していく」とその理由を説明。今後も譲渡を続けるかどうかでは、「最適な投資になるかどうか、常に考えていきたい」と述べた。

■17年度国内申請計画 慢性便秘症薬リナクロチド、スーグラとジャヌビア配合剤など

17年度の承認申請の計画も示した。日本では慢性便秘症に用いるリナクロチド、2型糖尿病治療スーグラとジャヌビアの配合剤、レパーサの心血管アウトカム試験結果を踏まえた適応追加――を申請予定としている。既に申請済みで審査段階にあるものとしては、▽エンザルタミド(錠剤)▽ロモソズマブ(骨粗鬆症)▽クエチアピン(双極性障害におけるうつ症状の改善)――がある。

このほか、同社の16年度連結業績は売上1兆3116億円(前年度比4.4%減)、営業利益2608億円(4.8%増)だった。円高の影響で、売上が947億円、コア営業利益は363億円、それぞれ目減りした。世界売上2521億円の最主力品イクスタンジが16年度に米国で、数量ベースで15%伸びたものの、売上は伸び悩んだ。一定の所得未満の患者に薬剤を無償提供する患者アクセス支援プログラムの対象患者が増えたことが背景にあるという。

【16年度連結業績 (前年同期比) 17年度予想(前年同期比)】 
売上高1兆3116億6500万円(4.4%減) 1兆2790億円(2.5%減)
営業利益2608億3000万円(4.8%増) 2540億円(2.6%減)
親会社帰属純利益2187億100万円(12.9%増) 1980億円(9.5%減)

【16年度のグローバル主要製品全世界売上高(前年同期実績) 17年度予想、億円】
イクスタンジ 2521(2521)2777
エリガード 159(176)176
ベシケア 1161(1356)1146
ベタニス/ミラベトリック/ベットミガ 988(817)1228
ハルナール/オムニック 477(534)471
プログラフ 1862(2036)1867
ファンガード/マイカミン 403(416)361

【16年度の国内主要製品売上高(前年同期実績) 17年度予想、億円】
グローバル品
イクスタンジ 234(262)258
ベシケア 256(265)245
ベタニス 259(212)319
ハルナール 92(127)69
プログラフ(グラセプター含む) 488(498)485
ファンガード 112(117)113

ローカル品
ミカルディスファミリー 932(972)522
内、ミコンビ 94(101)
内、ミカムロ 262(260)
セレコックス 476(466)483
シムビコート 393(374)413
ボノテオ 138(141)133
ジェニナック 101(108)102
ワクチン 345(411)289
アーガメイト 58(62)59
ゴナックス 45(39)48
シムジア 77(66)93
スーグラ 95(73)128
リピトール 232(309)180
マイスリー 147(179)130
ガスター 107(147)
セロクエル 75(105)55
*仕切価ベース
 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(12)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/