米国での後発医薬品 金額シェアは26% 50億ドルの節減に

公開日時 2017/11/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷
米国ジェネリック医薬品協会(AAM)のChipDavisCEOは、10月17日、米上院保健・教育・労働・年金委員会の薬価問題に関する公聴会で発言、薬価を下げるためには安全で手ごろな価格のジェネリック医薬品(GE)とバイオシミラー(BS)が解決法になることを説明した。AAMが10月20日発表した。公聴会は、米国における医療用医薬品の価格高騰問題への対応を検討する目的で、医薬品製造業者、卸業者、薬剤給付管理会社(PBM)および薬剤師の医薬品サプライチェーン関係者から意見を聴取した。DavisCEOはまず、GEは米医薬品市場で数量ベースでは89%を占めるが、金額ベースでは処方薬の26%を占めるにすぎないと指摘。毎週、患者および支払者にとっては合計50億ドルの節減となっていると財政上のメリットを訴え...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/