EFPIA Brexit移行期間合意を受け声明

公開日時 2018/04/06 03:50
  • Twitter
  • 印刷
欧州製薬団体連合会(EFPIA)は3月27日、EU首脳会議が22日に英国のEU離脱(Brexit)後の経済・規制環境の激変の影響を緩和させるために英国を2019年3月29日の離脱日以降もEU単一市場に2020年末まで残留させる移行期間の設置を決めたことを受け、移行期間を設けても企業の将来の不確実性は変わらないとする声明を発表した。EFPIAは、EU首脳会議が英国と「均衡のとれた野心的かつ広範な自由貿易協定に向けて取り組む」ことを明らかにしている。しかし、「すべてが合意される前には何も合意されていないこと」とこれを批判し、(交渉が進展しても)製薬企業が確実性を知るのは今年末ごろになるとし、そのために、EFPIAはメンバー企業に患者が必要な医薬品にアクセスできるようにあらゆるシナリオを想定し、適...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/