沢井製薬 抗精神病薬アリピプラゾール錠・内用液で適応追加承認 双極性障害の躁症状改善で

公開日時 2018/09/06 03:50
  • Twitter
  • 印刷

沢井製薬は9月5日、抗精神病薬アリピプラゾール錠と内用液分包に「双極性障害における躁症状の改善」の適応を追加する承認を同日に取得したと発表した。現在の効能・効果は統合失調症で、これに追加し、用法・用量を定めた。

適応を追加したのはアリピプラゾール錠3mg、6mg 、12mg 、24mg「サワイ」と、同内用液3mg 分包、6mg分包、12mg分包「サワイ」。同剤は、大塚製薬のエビリファイの後発医薬品で、先発品のエビリファイの効能・効果には、統合失調症と双極性障害における躁症状の改善のほか、うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)、小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性がある。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/