塩野義 医薬事業本部に「スペシャリティープロダクト室」 新たな形の顧客ニーズ対応検証

公開日時 2018/09/13 03:51
  • Twitter
  • 印刷
塩野義製薬は9月12日、10月1日付で実施する組織の見直しで、営業を担当する医薬事業本部に、スペシャリティー領域の製品に特化し、製品戦略の立案から情報提供活動までを担う「スペシャリティープロダクト室」を新設すると発表した。同社は製品戦略と情報提供の組織は分かれているが、同室では両機能を統合。スペシャリティー領域の製品の情報提供の専門性向上とともに、「新たな形での顧客ニーズへの対応および戦略立案実行に関する検証」を進めるとしている。

同室が担当する製品、領域、具体的な取り組みについては開示しておらず、「医薬事業本部の先進的な取り組みを牽引」する役割と位置付けている。室長は、医薬事業副本部長の橿山匡央氏が兼務する。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

9月号特集
(Promotion)

破壊的イノベーションが製薬企業を変える!

エコシステム構築でヘルスケア産業の足場を

 

 

9/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/