Meiji Seika ファルマ 抗認知症薬アリセプトの後発品に「レビー小体型認知症」の適応追加申請

公開日時 2018/09/20 03:51
  • Twitter
  • 印刷
Meiji Seika ファルマは9月19日、アルツハイマー型認知症治療薬アリセプトの後発医薬品の適応に「レビー小体型認知症」を追加する承認申請を行ったと発表した。先発品との適応不一致を解消するために一変申請を行ったとしている。
 
承認申請は、ドネペジル塩酸塩錠「明治」と同OD錠「明治」の2製品に対するもので、承認されれば、効能・効果は「アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制」となり、レビー小体型認知症の用法・用量も新たに設定される。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/