塩野義・18年度第2四半期 国内医療用薬31.7%減収 クレストール後発品侵食で MRの社内再配置進める

公開日時 2018/10/30 03:52
  • Twitter
  • 印刷

塩野義製薬は10月29日、2019年3月期第2四半期(4~9月)決算を発表し、国内医療用医薬品事業は、戦略品が計画通りに進まなかったことに加え、最主力の高脂血症治療薬クレストールが後発品の侵食で7割減となったことなどが影響し、前年同期と比べ31.7%の減収となった。下期に向け戦略品でリカバーを進め、単回経口投与の抗インフルエンザ薬ゾフルーザは、市場シェア65~70%を目指す。しかし、通期予想は14.3%減の1193億円にとどまる。この日会見した手代木功社長は、現在の約1100人のMR体制でも「まだ少し多い」として、メディカル部門などへの再配置を引き続き進めるほか、ITによる情報活動を強化する必要性を指摘した。

17年度に特許切れを迎え、後発品が参入した、高脂血症薬クレストールの売上高は前年同期より76.5%減、降圧薬イルベタン類は60.4%減となり、第2四半期の国内医療用薬売上高は500億円、31.7%減に大きな影響を与えた。この2主力品への影響を見越し同社は18年度、戦略領域と製品を明確にした販売を進めている。第2四半期の戦略品売上高は12.9%増だったが、計画には届かなった。その結果、第2四半期の国内医療薬売上高は500億円、31.7%減となった。

戦略品は▽SNRIサインバルタ、AD/HD治療薬インチュニブのCNS領域、▽ゾフルーザをはじめとするインフルエンザファミリー3製品(検査薬含む)、▽オピオイド誘発性便秘症薬スインプロイク、オキシコンチン類のオピオイドファミリー2製品――で、計203億円の売上を計画したが、インフルエンザの流行が急速に終息したことや、サインバルタ、オキシコンチン類の伸び悩みで196億円と、200億円に達しなかった。下期に向け、ゾフルーザほかサインバルタ、インチュニブなどでリカバーを進める。

通期ではゾフルーザは130億円を計画し、戦略品全体では予想を13億円引き上げて577億円(前年同期比38.9%増)を目指す。しかし、クレストールの67.0%減、イルベタン類の58.8%減の見込みで、国内医療用薬売上高は1193億円、14.3%減を予想する。

手代木社長 GP「MR800~900人でカバーできないか考えている」  早期退職募集「必要性感じない」

同社は、戦略品の変化や、市場や医療環境の変化を受け、MR体制の見直しを進めてきているが、その進捗状況について手代木社長は、「大病院を中心に訪問規制が進み、透明性ガイドライン、コードオブプラクティスなどで、(MRの)行動に制約がかかり始めている。現在MRは1000人プラスαくらいだが、まだ少し多いと思っている。何年かかけて再配置を進める」と引き続き行う考えを示した。業界で相次ぐ早期退職者の募集については、いま進めている再配置で対応できるとして「必要性を感じていない」と強調した。

MRの適正数は明言しなかったが、再配置について「我々の仮説では、大きな病院では、MRというより、高い学術知識を持った真のメディカルリエゾンを中心に、メディカルアフェアーズ活動、フェーズ4を実施し、エビデンスをつくる活動が自然であるように思える。開業医の先生を中心に、ITによる情報提供に加え、Face to Faceで話す重要性はまだまだある。全国の開業医を中心に800~900人くらいでカバーできいないかと思っている」と説明した。同社長は、「3年後、5年後、10年後には、医薬品情報提供が今のやり方ではないことを考えておかなければならない」と話した。

連結業績 ロイヤリティ収入増も2.3%減収 通期は増収増益を計画

連結業績は、米でゾフルーザの開発と承認申請に伴うマイルストン収入をロシュ社から受領し、ロイヤリティ収入は前年同期より184億円増の922億円となったものの、国内医療用薬売上の減少の影響が大きく2.3%の減収。しかし、利益面ではロイヤリティ収入の増などで純利益は15.0%増だった。通期は、米国でのゾフルーザの承認によるマイルストン受領などで増収増益を計画する。ロイヤリティ収入は、予想連結売上高の過半の1806億円を見込む。

【連結業績(前年同期比) 18年度予想(前年同期比)】 

売上高 1682億0300万円(2.3%減) 3540億円(2.7%増)←修正前3480億円
営業利益 573億0400万円(2.8%増) 1245億円(8.1%増)←修正前1200億円
純利益 578億9600万円(15.0%増) 1185億円(8.8%増)←修正前1145億円

【国内主要製品売上高(前年同期実績) 18年度予想、億円】
サインバルタ  119(117)260
インチュニブ 24(6.9)61←修正前50
ゾフルーザ4.6(-)130
ラピアクタ 0.1(0.7)11
ブライトポック2.3(1.4)13←修正前11
オキシコンチン類 38(46)87←修正前91
スインプロイク 7.2(1.6)16←修正前12
戦略品計 196(173)577←修正前564
 
アシテア 0.9(0.6)1.8←修正前1.5
ムルプレタ 0.8(0.8)1.9←修正前2.3
ピレスパ 29(31)59←修正前60
クレストール 52(220)97
イルベタン類 31(78)60←修正前64
 
ロイヤリティ収入 922(738)1806←修正前1755
内、HIVフランチャイズ 571(462)1249
内、クレストール 109(114)211
内、その他 242(162)346←修正前295
 
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/