エーザイ・18年度第2四半期 国内医療用薬売上3.9%増収 ヒュミラ、レンビマ好調

公開日時 2018/11/02 03:51
  • Twitter
  • 印刷

エーザイは11月1日、2019年3月期第2四半期(4~9月)決算を発表し、日本の後発医薬品(GE)を含む医療用医薬品売上は1454億円で、前年同期と比べ3.9%の増収だった。主力の関節リウマチなどに用いる生物製剤ヒュミラは売上239億円、前年同期比9.6%増と伸長し、自社創製の抗がん剤レンビマは43億円と前年同期から3倍増となるなどして、18年4月の薬価改定影響などを吸収した。

上期の新薬事業の売上は1332億円(前年同期比5.5%増)、GE事業は122億円(10.2%減)で、新薬事業が国内業績をけん引した。

レンビマは日本で3月に肝細胞がんファーストラインの適応を追加、これが成長の主因となっている。同社によると、この適応ですでに85%のシェアを獲得し、確固たるポジションにあるという。レンビマは米メルク社とグローバルでの戦略的提携を結び、その一環として共同販促の協業も始めた。日本ではメルク日本法人のMSDと10月からメディカル活動とマーケティング活動の協業を開始し、19年1月からMRによる共同販促を行う予定になっている。

日本でレンビマは、肝細胞がんの全身化学療法のファーストラインとして約10年ぶりの治療選択肢であり、エーザイは次期主力品に位置付けている。肝領域に強いMSDと協業することで、販売の加速を図る。また、メルクのがん免疫療法薬キイトルーダとの併用に関する共同開発も進めている。

上期の連結業績は売上3101億円(前年同期比9%増)、営業利益484億円(74%増)と増収・大幅増益だった。レンビマ、抗がん剤ハラヴェン、抗てんかん剤フィコンパ、肥満症薬Belviqのグローバルブランド4品や国内新薬群が伸長したことに加え、レンビマの米国、欧州、中国での肝細胞がんの適応取得に伴うメルクからのマイルストンペイメント222億円を計上したことが主な理由となる。

■通期予想を上方修正 レンビマは世界で600億円目指す


レンビマの肝細胞がん適応は日本を皮切りに欧米で承認され、9月には中国で承認された。中国はB型肝炎患者が多く、世界の肝細胞がん患者の50%を占めるとされる。中国での承認取得が想定よりも早かったことや、日米での好調もあり、同社はこの日、18年度通期業績予想を上方修正した。なお、レンビマは中国で、メルクと共同で11月30日に発売予定。

修正後の通期予想は、売上6365億円(前年度比6%増、期初計画6320億円)、営業利益900億円(同17%増、860億円)、親会社帰属純利益605億円(同17%増、576億円)――と設定した。レンビマは期初計画から15億円積み増して600億円、前年度比86%増を目指す。

■早期退職者募集 特許切れ近づくヒュミラ対策では「全くない」

国内業績が好調な一方で、同社は日本で今年度に約100人の早期退職者を募集し、新卒採用を拡大する方針を示している。19年度、20年度も早期退職者募集を検討するとしている。

この点について同社は業界誌・紙向けの会見で、「(早期退職者の募集は)一般的には業績が悪くなって人員整理の形で行うと思うが、当社は全く逆」とし、「(開発中の)次世代アルツハイマー病治療薬でどのようなインフラを作っていくかなど、会社が新たなビジネスモデルに変えようとの前向きなところにあるなか、転身やセカンドライフを選択したい社員を応援しようとの前向きな取り組みだ」と説明した。主力のひとつであるヒュミラの日本での特許切れ・バイオ後続品の参入が近づいていることと早期退職者募集との関係については、「人員削減や、ヒュミラは全く関係ない」とした。

【連結実績 (前年同期比)  18年度通期予想(前年同期比)】 
売上高 3101億2500万円(8.8%増) 6365億円(6.1%増)←修正前6320億円
営業利益 483億7000万円(74.4%増) 900億円(16.6%増)←修正前860億円
親会社帰属の純利益 326億5400万円(73.5%増) 605億円(16.7%増)←修正前576億円

【グローバル製品全世界売上高 (前年同期実績) 18年度通期予想、億円】
レンビマ 245(147) 600←修正前585
ハラヴェン 204(202) 430
フィコンパ 92(66) 215
Belviq 21(26) 50
アリセプト 213(233) 390
パリエット 140(169) 260

【国内主要製品売上高 (前年同期実績) 18年度通期予想、億円】
ヒュミラ 239(218) 450
リリカ 138(132) 非開示
アリセプト 98(133) 180
メチコバール  78(90) 140
パリエット 68(92) 130 ※
ルネスタ 55(50) 110
ハラヴェン 49(47) 95
レンビマ 43(15) 75
トレアキシン 37(35) 非開示
エレンタール 33(34) 65 ※
ワーファリン 28(32) 50
フィコンパ 14(7) 40
ジェネリック 122(136) 260
※はEAファーマ取り扱い製品
注) リリカは共同販促収入

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/