ニチレイバイオサイエンス ALK阻害剤のコンパニオン診断薬で追加承認 クリゾチニブも使用可能に

公開日時 2018/11/12 03:50
  • Twitter
  • 印刷

ニチレイバイオサイエンスは11月9日、ALK阻害剤のコンパニオン診断薬「ヒストファイン ALK iAEP キット」について、使用目的にファイザーのクリゾチニブを追加する追加承認を取得したと発表した。この診断薬は、がん組織、細胞中に発現するALK融合タンパクの検出を行う体外診断用医薬品で中外製薬のアレセンサの適応判定に使用されている。追加承認による、2剤に用いることができるようになる。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/