参天製薬 緑内障・高眼圧症治療薬エイベリス点眼液0.002%を発売

公開日時 2018/11/28 03:50
  • Twitter
  • 印刷

参天製薬は11月27日、緑内障・高眼圧症治療薬エイベリス点眼液0.002%(一般名:オミデネパグ イソプロピル)を発売したと発表した。宇部興産と共同開発した世界初の選択的EP2受容体作用薬で、眼圧下降作用を示す新規作用機序の薬剤。

発表によると、眼圧下降効果においてラタノプロスト点眼液0.005%に対する非劣性が検証された。緑内障治療の第一選択薬となりうる薬剤で、他剤無効例の開放隅角緑内障および高眼圧症を対象とした臨床試験では、同剤の投与により有意な眼圧下降が認められた。1回1滴1日1回点眼する。薬価は1 mL 945.30円。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/