日本リリー 再発乳がん治療薬ベージニオ錠を発売 CKD4/6阻害剤

公開日時 2018/12/03 03:50
  • Twitter
  • 印刷

日本イーライリリーは11月30日、抗悪性腫瘍剤のベージニオ錠50mg、100mg、150mg(一般名:アベマシクリブ)を発売したと発表した。効能・効果は「ホルモン受容体陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳がん」。同剤は、細胞周期に関与するサイクリン依存症キナーゼ(CKD)4及び6の阻害剤で、連日投与が可能な経口製剤。同社では、「連日投与によってがんの増悪を抑え続けることができると考えている」と説明している。

同剤は、CKD4及び6に対して選択的な阻害作用を有し、細胞周期を停止させ、増殖を抑制することを目的とした分子標的薬。内分泌療法剤との併用で、成人には1回150mgを1日2回経口投与する。薬価(1錠)は、50㎎3258.70円、100mg5949.20円、150mg8460.10円。

CDK4/6阻害剤としては、イブランスカプセル(ファイザー)に続く2製品目。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/