武田薬品 臨時株主総会でシャイアー社の買収提案を承認 シャイアー社も承認

公開日時 2018/12/06 03:51
  • Twitter
  • 印刷

武田薬品は12月5日に大阪市で開いた臨時株主総会で、シャイアー社の買収提案に対して株主の少なくとも88%以上の賛成を得て、承認を得たと発表した。買収総額は日本企業として過去最高の約7兆円(約460億ポンド)規模となる。クリストフ・ウェバー代表取締役社長兼CEOは「株主のご賛同が得られたことを受け、本件買収を数週間のうちに完了させる」と述べた。また日本時間の同日夜、シャイアー社も株主集会・株主総会を開き、武田薬品の買収提案を承認した。なお、買収完了は1月8日を予定している。

クリストフ・ウェバー代表取締役社長兼CEOは武田薬品のトップ就任時から、研究開発型グローバルバイオ医薬品企業のリーディングカンパニーを目指すと公言し、世界の製薬企業のトップ10位入りを目指してきた。今回のシャイアー買収が成立することで、その目的は達成するが、武田創業家とOBの反発や、7兆円にも及ぶ買収金額に対し、その賛否を含めて市場関係者などから様々な見方が示されていた。ただ、製薬産業を取り巻く環境変化は、日本国内にとどまらず、欧米先進国も同様で、革新的新薬を創出する研究開発費の高騰や、開発の長期化に伴うビジネスなど、単なる企業を肥大化させる旧来型のビッグファーマを生んだM&Aとは異なり、製薬ビジネスモデルそのものの転換が同時に求められているのだ。

◎新たなビジネススキームへのシフト画策

特に、今回の買収の大きな布石となったのが研究開発の見直しだ。疾患領域をオンコロジー、消化器系疾患、ニューロサイエンスに絞り込んだ。それとともに、研究開発拠点を日本と米・ボストンとサンディエゴに集約化。自社の研究開発を集約化し地盤を固めてきた。この日の臨時株主総会でも、クリストフ・ウェバー代表取締役社長兼CEOは、「研究開発の変革があったからこそ、シャイアーの買収に届いた」と話した。シャイアーの買収で、希少疾患を加え、研究開発領域のさらなる強化・加速を狙う。

一方で、革新的技術との融合を目指し、ベンチャー企業やアカデミアとのパートナリンクにも力を入れてきた。なかでも、日本では湘南研究所を開放して湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)に改組した。京都大学iPS細胞研究所(CiRA サイラ)と、タケダの共同研究プログラム“T-CiRA”など、ベンチャー企業、アカデミア、投資家などによるエコシステムを構築にも力を入れてきた。米・シリコンバレーなど革新的技術が生まれる場の中心にはエコシステムがある。デジタル技術や再生・細胞医療をはじめとした、革新的技術を取り入れるためには機動性を高めることが必要にほかならず、新時代の製薬ビジネスモデルの創出に転換しようと試みとも見て取れる。すでにノバルティスやメルクなどのグローバルファーマは、バイオベンチャーやヘルステック企業との協働に投資を振り向けており、武田薬品の今回のシャイアー買収を通じて得た資金やネットワークを活用した、新たなビジネススキーム構築にも期待がかかる。日本発のグローバル企業としての生き残りをかけた試金石とみる向きもある。変化するリスクを取らないことこそが、リスクとの見方もある。

◎米国へのアクセス強化はプラス 一方でリスクもはらむ


今回のシャイアー買収で武田薬品は、シャイアー側の有するパイプラインのほかに、遺伝子治療薬など創薬技術を獲得する。加えて、米国におけるシャイアー側の優位性を活かし、米国市場へのアクセスを強化できるほか、市場からの資金調達に新たな道を開くことになり、その点でプラスの要素は多い。一方で、7兆円規模の買収金額のうち、約3兆円を現金で、約4兆円を新株発行で賄う方針で、同社の有利子負債は5兆円規模に膨らむなどリスク面も見逃せない。

◎「より高い適応能力を有する企業になる」ウェバー社長

クリストフ・ウェバー代表取締役社長兼CEOは、「より高い競争力を有し、機動的で、高い収益力を有する企業、また、より高い適応能力を有する企業になるものと確信している」とコメントした。なお、臨時株主総会では、シャイアー社の既存社外取締役3人を、買収完了の効力発生時として、同社取締役に選任する議案についても、原案通り承認可決された。

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/