ヴィーブ 2成分配合の抗HIV薬ジャルカを発売

公開日時 2018/12/21 03:50
  • Twitter
  • 印刷
ヴィーブヘルスケアは12月20日、2成分配合の抗HIV薬ジャルカ配合錠(ドルテグラビルナトリウム/リルピビリン塩酸塩)を同日に発売したと発表した。他剤と併用することなく、通常、成人には1回1錠(ドルテグラビルとして50㎎及びリルピビリンとして25㎎)を1日1回食事中又は食直後に経口投与。流通・販売はグラクソ・スミスクラインが実施する。

14日処方制限ルールの対象外。抗HIV薬のため11月26日に迅速承認、12月12日に緊急収載された。インテグラーゼ阻害薬であるドルテグラビルと、非核酸系逆転写酵素阻害薬であるリルピビリンとを組み合わせた製剤。薬は1錠5350.90円。海外では2017 年11月に米国で、18年5月に欧州で承認済。 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/