東邦薬品 急配削減推進で担当部長を配置

公開日時 2019/01/21 03:50
  • Twitter
  • 印刷

東邦ホールディングス(HD)は1月18日、戦略的に進めている緊急配送の削減を推進するため子会社の東邦薬品に担当部長を新たに配置したと発表した。急配削減について同社は、薬局内での必要在庫数などから需要予測から自動発注を行える顧客支援システム「ENIF本部」を活用し、グループ内で実証実験を進めており、効果が見えてきている。担当部長配置することで、「ENIF本部」を活用した急配削減をさらに進めたい考え。

担当するのは「ENIF本部担当部長」で、東邦薬品営業統括部CS営業本部に新設。データ管理部長だった山中一憲氏が1月1日付で異動し、専任で取り組むことになった。同システムを活用した適正配送に向けた提案や導入施設の拡大を進める。

東邦HDでは、自社系列薬局317店舗で「ENIF本部」を活用した配送回数削減実験を進め、1週間あたりの配送回数を約7割減らせたと公表している。この中で週1~2回配送を実現した店舗も151店舗と半数近くに上った。同社は、マンツーマン、大病院前、モール店舗など薬局のタイプ別に削減効果を分析し、提案を行っていく方針を示していた。

急配・頻回搬送は医薬品卸では長年の懸案で、東邦HDは、急配で競争するような商習慣からの脱却を戦略的に進めている。急配削減は「受発注・配送体制の再構築」に位置付けられている。それにより配送コストを削減する一方で、MSを本来業務に注力できるようにしたいという狙いがある。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/