【MixOnline】記事一覧2
MRディテール以外のチャネル反応度①:eディテール反応度

MRディテール以外のチャネル反応度①:eディテール反応度

2019/02/28
MRディテール以外にも医局説明会、講演会、eディテール等の様々なプロモーションチャネルが存在する。数理モデルAIは、MRディテール以外のチャネル反応度も提示してくれる。つまり、各チャネルが処方に影響しているかを確認できるのである。
インフルエンザ治療薬 ゾフルーザ急拡大

インフルエンザ治療薬 ゾフルーザ急拡大

2019/02/28
抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザが使い勝手の良い新薬として連日、テレビ、新聞、インターネットなどで紹介されている。
変わる流通ビジネスへの挑戦

変わる流通ビジネスへの挑戦

2019/01/31
医薬品流通ビジネスの変化の波が大きくなってきた。厚生労働省医薬・生活衛生局は、医薬品の市場出荷後から医療機関・薬局への納品までの流通を一貫して管理するため、厚労行政推進調査事業(GDP研究班)がまとめた「医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン」を発出、これまでなかった医薬品の保管、輸送条件を一括して管理する基準の国内導入となり、対応が迫られる。
施設でのディテール反応状況の実態(数理モデルAIの事例検証)

施設でのディテール反応状況の実態(数理モデルAIの事例検証)

2019/01/31
前回に続き、施設のディテール反応度についての話である。今回は、実際にはどのようなことがわかり、どう利用していくのか等について、事例を用いて解説していきたい。その前に、再度、数理モデルAIが提示する「施設ディテール反応度」について、簡単に説明しておく。
数理モデルAIが解析する 施設売上に対するディテール影響度

数理モデルAIが解析する 施設売上に対するディテール影響度

2018/12/28
数理モデルAIは、施設でのディテール反応度も解析することができる。図1は、MRのディテールの影響をAIが解析するプロセスのイメージである。MRが行ったディテールに効果があるならば、施設の売上に何らかの影響のプラスの波が立つ。
経口抗凝固薬 抗Xa薬3剤、シェア30%ずつで接戦

経口抗凝固薬 抗Xa薬3剤、シェア30%ずつで接戦

2018/12/28
ワルファリン(ビタミンK拮抗薬)の様々なアンメットニーズを解消した抗凝固薬として、2011年から4剤が上市された直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)。この数年は適応追加の承認が一段落し、関心はリアルワールドにおける有効性、安全性に移っている。
数理モデルAIによる優秀MRとボトムMRの行動特性分析①

数理モデルAIによる優秀MRとボトムMRの行動特性分析①

2018/11/30
6月にエイザスが分析結果をリリースし、本誌2018年8月号に詳細内容を寄稿させて頂いた「ディテールしている医師の65%に効果がない」というレポートがある。製薬業界内での反響は大きく、各企業のトップマネジメントから現場の担当の方まで幅広いポジションの多くの人から問合せを受けて対応することになった。
便秘症薬市場 酸化マグネシウムの牙城変わらず

便秘症薬市場 酸化マグネシウムの牙城変わらず

2018/11/30
便秘症薬は、2012年11月にアミティーザ(一般名:ルビプロストン)が発売され、酸化マグネシウムやセンノシドといった既存薬とは異なる作用機序で、多くの医療機関で採用された。
新たな価格形成・流通慣行への挑戦

新たな価格形成・流通慣行への挑戦

2018/10/31
厚労省の流通改善ガイドライン(GL)下での初めての価格交渉(4~9月)が終了し、焦点の薬価差圧縮の幅は1%台との見方が出ている。
医師ディテール反応度が見える世界での戦略

医師ディテール反応度が見える世界での戦略

2018/10/31
数理モデルAIにより、今、ディテールすると処方する医師とディテールしても処方しない医師がわかる。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー