【MixOnline】記事一覧2
東京オリンピックをきっかけに“自分なりの働き方”を

東京オリンピックをきっかけに“自分なりの働き方”を

2019/08/31
東京オリンピック・パラリンピックの開催まで1年を切った。政府は期間中の交通混雑を緩和しようと、テレワークの普及を目指すキャンペーン、テレワーク・デイズを開始。製薬企業からも団体や企業が参加している。
フォーミュラリ―で薬剤評価に薬剤師の積極関与求める
厚労省 田宮 憲一 薬剤管理官

フォーミュラリ―で薬剤評価に薬剤師の積極関与求める

2019/07/31
厚生労働省保険局医療課の田宮憲一薬剤管理官は7月7日、長崎市で開催された日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会で講演し、フォーミュラリーについて、「質と安全性の高い薬物療法を効率的に実施する観点からの採用薬の評価の実践」として、薬剤師が職能を発揮する姿を描いた。
健康・医療・介護で存在感発揮へ
GE薬協「ポスト80%時代」の次世代産業ビジョン

健康・医療・介護で存在感発揮へ

2019/07/31
日本ジェネリック製薬協会政策委員会は7月6日、長崎市で開かれた日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会で、後発品数量シェア「ポスト80%」時代に向けた次世代産業ビジョンの概要を公表した。
糖尿病研究 ふるさと納税活用で下支え
患者支援団体・日本IDDM

糖尿病研究 ふるさと納税活用で下支え

2019/07/31
1型糖尿病の患者や家族を支援する認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク(本部:佐賀県佐賀市)では、同疾患をめぐる研究に対し2008年以降、合わせて3億円余りの助成を行っている。助成金の財源として大きな割合を占めているのは、ふるさと納税だ。
人口減少がもたらす地域医療への影響を提起
地域医療構想の実現急ぐべき

人口減少がもたらす地域医療への影響を提起

2019/07/31
厚生労働省保険局医療課は7月10日の中医協総会に、人口減少がもたらす地域医療への影響について提起した。
がん治療の「いま、そしてこれから」(第2回)
経済性や医療制度の視点を踏まえた議論も

がん治療の「いま、そしてこれから」(第2回)

2019/07/09
第55回米国臨床腫瘍学会(ASCO)が5月31日~6月4日の日程で、米国シカゴにて開催された。
最大の興味は「免疫関連」
患者選択や副作用マネジメントに注目

最大の興味は「免疫関連」

2019/07/04
第55回米国臨床腫瘍学会(ASCO)が5月31日~6月4日の日程で、米国シカゴにて開催された。
MR、MSLの業務分担で覇権争い?
販売情報提供活動GLその後

MR、MSLの業務分担で覇権争い?

2019/06/30
厚労省の販売情報提供活動ガイドライン(GL)が施行して2か月を経過する。
10社参入の抗精神病薬ロナセン 薬価は先発の41%
19年6月後発品収載

10社参入の抗精神病薬ロナセン 薬価は先発の41%

2019/06/30
厚労省は6月14日付けで、後発医薬品など86成分264品目の薬価基準追補収載を官報告示した。
レミケードのバイオシミラーを6月から追加
日本海ヘルスケアネットの地域フォーミュラリ

レミケードのバイオシミラーを6月から追加

2019/06/30
「日本海ヘルスケアネット」は6月17日までに、免疫疾患治療薬・インフリキシマブのバイオシミラー製剤を地域フォーミュラリに追加することを決めた。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー