【MixOnline】記事一覧2
小説の執筆は医師としての内なる声の発露
作家・医師 中山 祐次郎さん

小説執筆は医師の内なる声の発露

2022/02/01
現役バリバリの外科医でありながら、作家・小説家として医師の周りで起きているリアルな出来事をかみ砕いて社会に発信し続ける中山祐次郎さん。医師の仕事の合間に文筆業を器用にこなすという感じではなく、「医者は天職、けど書かずにはいられない」と話すようにどちらにも全力投球という装いである。
「人工膵島」の実用化研究をプッシュ
元エアロビック競技日本代表 大村詠一さん

「人工膵島」の実用化研究をプッシュ

2022/01/01
2022年は「インスリン発見から2世紀」に突入する節目の年。そんな節目の年を前に、「発見前に発症していたら死んでいた」と自身を「恵まれている」と話すのは、元エアロビック日本代表の大村詠一さんだ。
がんになっても その人らしさは変わらない
漫画家・作家 内田春菊さん

がんになってもその人らしさは変わらない

2021/12/01
女性の性を描いた恋愛漫画や、自身の結婚・離婚や育児などをありのまま描いたエッセイ漫画などで知られる漫画家・作家の内田春菊さんが、直腸がんの告知を受け2016年に人工肛門(ストーマ)を造設した。
「共感」を促し、社会全体でコロナを乗り越えたい
医師・作家 夏川草介さん

「共感」を促し、社会全体でコロナを乗り越えたい

2021/11/01
コロナ診療の最前線を描く「臨床の砦」。医師と作家の二足の草鞋を履く夏川草介さんの最新作だ。執筆のきっかけは、入院が必要な肺炎患者に「自宅待機してください」と告げなくてはならない臨床医としての葛藤にある。
“人の幸せ”と“よりよい社会”の実現に一貫した思い
もみじの家 内多勝康さん

”人の幸せ”と”よりよい社会”の実現に一貫した思い

2021/10/01
「これからがスタートだと思う」。医療型短期入所施設、国立成育医療研究センター・もみじの家の内多勝康ハウスマネージャーは力を込めた。
がんサバイバーシップを根づかせ 治療の発展が患者の幸せと直結する社会へ
がん防災YouTuber 腫瘍内科医 押川勝太郎さん

治療の発展が患者の幸せと直結する社会へ

2021/09/01
腫瘍内科医でありながら“ユーチューバー”としても活躍する押川勝太郎さん。抗がん剤の進歩に惹かれ、がん治療の世界に飛び込んで感じたのは、生き永らえることで生じるがん患者の新たな不安や悩みであり、そんな患者さんに寄り添えない医療現場へのジレンマだ。
身体の隅々に意識を向け自分と向き合う そうした時間もひっくるめて射撃は面白い
東京2020パラリンピック射撃 日本代表 水田光夏さん

身体の隅々に意識を向け自分と向き合う

2021/08/01
ピンクを基調にした華やぎのあるネイルやメイクに加え、屈託のない笑顔。水田光夏さんが登場すると、場の雰囲気がぱっと明るくなる。水田さんは、東京2020パラリンピックの射撃の日本代表選手として10mエアライフル伏射SH2(混合)に出場する。
「MRはやりがいのある仕事」 小説のMRとともに悩みながら成長を!
小説「MR」の著者 作家・医師 久坂部羊さん

小説のMRとともに悩みながら成長を!

2021/07/01
医療小説を多く手がけてきた医師で作家の久坂部羊さん。4月に、製薬会社を舞台にしたビジネス小説を出版した。小説の名は「MR」――。大阪・道修町に本社を置く架空の内資系製薬企業の堺営業所のメンバーが日々悩みながら、仕事にまい進する姿が描かれている。
「MRはやりがいのある仕事」 小説のMRとともに悩みながら成長を!
小説「MR」の著者 作家・医師 久坂部羊さん

小説のMRとともに悩みながら成長を!

2021/06/28
医療小説を多く手がけてきた医師で作家の久坂部羊さん。4月に、製薬会社を舞台にしたビジネス小説を出版した。小説の名は「MR」――。大阪・道修町に本社を置く架空の内資系製薬企業の堺営業所のメンバーが日々悩みながら、仕事にまい進する姿が描かれている。
がん罹患は医療に関われという啓示 コロナ禍の患者の苦境を改善したい
フリーアナウンサー 笠井信輔さん

がん罹患は医療に関われという啓示

2021/06/01
フリーアナウンサーとして第2の人生を船出しようとした矢先に、悪性リンパ腫のステージ4と診断された笠井信輔さん。排尿障害や肩や腰の痛みに耐え、さらに入院による抗がん剤治療、それに伴う副作用である食欲不振を乗り越え、コロナ禍のなか、ほぼ病気になる前の状態で再起を果たした。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー