【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

うがい 医師の7割弱が感染予防や咽頭炎などの治療に意味あり メドピア調査

公開日時 2011/09/08 04:01

医師限定コミュニティサイト「MedPeer」を運営するメドピアはこのほど、「うがいの是非とうがい薬」の調査結果をまとめた。それによると、回答医師の7割弱が、「感染予防としても、咽頭炎等疾患罹患時の治療としても、うがいには意味がある」と考えていることがわかった。会員医師は約3万7000人。

調査は6月6日~6月12日に実施した。有効回答数は2386件。調査は、会員医師がほかの会員医師に日常診療などにおける素朴な疑問を聞くもの。今回は、うがいの効果として、「感冒予防については(その効果が)明らかにされているが、咽頭炎などの疾患罹患時の治療として効果を示す明確なデータがないと思う」などとしたうえで、うがいとうがい薬に対する考え方を他の医師に聞いた。

その結果、全体の7割弱が、感染予防、咽頭炎等疾患罹患時の治療として、うがいには意味があるとの回答だった。その内訳としては、「イソジンうがい液の処方よりも、水道水によるうがい指導やアズノールうがい液の処方を多く行っている」が42.0%、「イソジンうがい液を中心に処方している」が24.8%だった。

水道水、アズノールを優先する医師から寄せられた自由コメントでは、「感染予防としては水やお茶、アズノールうがい液などを使用。白苔付着している場合などにイソジン使用することがある」(50代、一般内科、消化器内科、産業医)、「うがいによる洗浄には治療的な意味合いはあると考えるが、うがい薬にはそれほど意味はない」(50代、一般内科、皮膚科)、「水道水によるうがいだけで効果を認めている」(50代、老年内科)などの声が目立った。

一方、イソジンの処方を優先する医師のコメントでは、「うがいのモチベーションを維持させるために処方する」(30代、一般内科、消化器内科)といった内容が目立った。ただ、イソジンの効能を期待する声も一定以上存在しており、「細菌のみならずウイルスに対する抑制効果も期待できる」(50代、一般内科、消化器内科、アレルギー科)、「粘膜障害の可能性は否定できないが、消毒効果は高い」(40代、消化器内科)という意見も根強かった。

残りの3割弱の医師は、「咽頭炎等罹患時の治療としてうがいには意味がない」との回答。その内訳は、「感染予防、咽頭炎当罹患時の治療としても、うがいには意味がなく、とくに患者指導はしていないし、含嗽剤の処方もしていない」が9.8%、「感染予防としてのうがいには意味があるが、咽頭炎当罹患時の治療としてうがいには意味がないと考え、特に指導していない、あるいは禁止している」が14.7%だった。


 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー