【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

副作用情報へのアクセスを手軽に

公開日時 2012/05/24 04:00

医師にもらった処方薬を飲んだら、異様に口が乾き、めまいがする・・・これは副作用だろうか?と不安になる。そんな時、ほかにも同様の症状を訴えている人がいないか知りたくなるのが患者としては当然の心理だろう。(医療ジャーナリスト:西村由美子)

米国FDAはそうした「副作用レポート(Adverse-Report): 予防接種後の発熱から急性心不全による死亡事故まで」:を1969年以来ずっと蓄積してきた。 だが、これまでそのような情報を一般国民と効率的に共有できる手段をもたなかった。

それを可能にしたのがスタートアップ・ベンチャーのAdverseEvent, Inc.である。FDAの未整理のデータベースにから、4500の医薬品に関する副作用レポートを容易に検索できるようにした。
http://adverseevents.com/index.php 

医療機器に関する同様のサービス提供を始めたのが同じくスタートアップ・ベンチャーのClarimed LLC,である。FDAのデータベースから、注射器やステントから日焼けサロン用機器や診断用医療機器までの13万の医療機器に関するレポートを検索可能にした。
 http://www.clarimed.com/

ともに昨年9月にサービスを開始した両社は「インタネット時代の患者をサポートするのが使命」と声を揃える。AdverseEvent, Inc.社のCEOは「自分が医師に処方された医薬品に、もしも急性心不全を起こす危険があるなら、同じ効き目ではるかに副作用の少ない医薬品のことを知らないで過ごすのはナンセンスだ」と断言する。

両社ともすでにベーシックな検索サービスを無料で提供している。が、 AdverseEvent, Inc.社は、今後、個々の医薬品に関するフルレポートの提供を行う有料の会員制プレミアサービスを導入する考えだ。プレミア会員の会費は月額10ドルを予定している。

一方のClarimed, LLC社は、医療機器へのクレーム・レポートから、今後は自動車など他の商品に関するレポート検索へとサービスを拡大する意向である。 同社の創業社長 は「商品やサービスの品質向上には、情報公開が最善の道」と語っている。





 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー