【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

成人の半数「正しい手洗い知らない」 食事前の手洗い意識も薄く 食中毒意識調査で判明

公開日時 2012/06/15 04:01

薬用石けんのミューズを製造・販売するレキットベンキーザー・ジャパンはこのほど、成人の約半数が正しい手洗い方法を知らないとの調査結果をまとめた。正しい手洗い方法を習ったことがある人は56.8%にとどまり、年代別では40~50代で習ったことがないとの回答が多かった。また、食事前に手洗いをするかどうかも聞いたところ、男性の35%は手洗いをおろそかにしていることがわかり、手洗いの意識が足りない実態も浮き彫りになった。

梅雨から夏の高温多湿の時期は、細菌性食中毒の発生率が他の時期に比べて2倍以上になる。そこで同社は4月に、20代~60代の男女500人を対象に、食中毒や手洗いに関する意識調査を行った。

食中毒の原因となる細菌を持ちこまないため、食中毒予防の中でも手洗いは重要度が高い取り組みのひとつ。しかし、正しい手洗いを習ったことがある人は20代で66%、30代で62%、40代と50代が各51%、60代が54%――との調査結果だった。同社は、どの年代でも70%に満たない結果だったことから、「正しい手洗い知識が不足しているといえる」と指摘している。

食事前に手洗いをするかどうかも質問した。食事前に「必ず洗う」「だいたい洗う」との回答を「手洗いする」と分類すると、この回答割合は女性79.6%、男性64.8%――。裏を返せば、たまにしか洗わなかったり、ほとんど洗わない人が女性2割、男性で3割以上いることになる。また同社によると、手洗いする人の中でも石けんを使わない人が3割以上いるとしており、手洗いする人でも「不十分な手洗いとなっている」と分析している。

食中毒予防の3原則は▽食品に細菌を「付けない」▽付いた細菌やウイルスを「増やさない」▽口に入るまでに「やっつける」――。このうち「付けない」ための第一歩として正しい手洗いが重要とされる。同社によると、手洗いのポイントは、石けんをよく泡立てて30秒程度かけて隅々まで洗い、流水で石けんをよく洗い流した後に清潔なタオルでふくこと。手洗いの注意点では▽洗う前に腕時計やアクセサリーを外す▽子どもが洗う時は大人が付き添って確認する▽タオルは1人ずつ個人用に清潔なものを用意する▽特に汚れが落ちにくい指の先、手首、親指、手のしわに注意する――の4点を挙げている。

 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー