【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

生化学工業 腰椎椎間板ヘルニア治療薬のフェーズ3で良好な結果 13年度中申請へ

公開日時 2013/08/20 03:50

生化学工業は、腰椎椎間板ヘルニア治療薬として開発している注射剤「SI-6603」(一般名:コンドリアーゼ)について、日本におけるフェーズ3で良好な結果を得たと発表した。腰椎椎間板ヘルニアは、悪化すると神経ブロック注射、手術が必要になるが、同社は1回同剤を注射することで手術と同等の効果を期待する。13年度中の承認申請を目指す。

 
発表によると、治験では、163例の無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験で、主要評価項目の投与後13週での下肢痛軽減をプラセボと比較したところ、SI-6603群で有意な改善効果を示し、安全性の面でも大きな問題は認められなかった。
 
同剤は、神経を圧迫している髄核の構成成分であるグリコサミノグリカン(GAG)を特異的に分解するコンドリアーゼという酵素が有効成分で、投与することでGAG が分解され、神経を圧迫していた髄核が縮小。神経への圧迫を減少させ、痛みやしびれの症状の改善が期待されるという。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(12)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー