【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

NPhA・在宅医療調査 訪問薬剤管理指導実施は3割も多職種連携に課題 実務や地域情勢の情報希望

公開日時 2014/02/27 03:51

2014年度診療・調剤報酬改定で在宅医療の強化が打ち出される中、日本保険薬局協会(NPhA)は3月26日、会員薬局の管理薬剤師を対象にした在宅医療に関するアンケートの結果を発表した。訪問薬剤管理指導の実施状況は1年前の調査よりほぼ倍の30.7%となった。しかし、地域連携パスの活用は5.0%、他の医療者・介護者とのカンファレンスへの参加経験は25.6%と、多職種連携による在宅医療の展開については、まだ十分な取り組みに至っていないことが明らかになった。

 
調査は1月16日~2月5日、インターネットで行い、1859薬局から回答を得た。現行制度で薬剤師職能を発揮できているのかという設問に対し、「できている」32.4%、「できてない」68.7%。できていると人から、服薬指導や疑義照会を多く挙がった。一方、できていない人からは、その理由として最も多いのが「多職種と関われる場面が少ない」で64.0%。次いで「調剤・薬歴に時間がとられ、患者とのカウンセリング時間が十分にとれない」61.3%、「薬物療法で薬剤師が判断できる裁量権が少ない」53.0%と続いた。
 
チーム医療への参画については、「患者の治療方針を医師と意見交換できる環境を作る」(38.7%)、「地域における薬局、医療機関の連携を強くする」(22.6%)必要性を感じながらも、「人員・時間の不足」しているとの指摘が55.0%と半数以上から挙がった。
と感じている
 
在宅医療に関する情報源として最も多いのは会社で45.8%、次いで薬剤師会(16.0%)、インターネット(11.0%)の順で、製薬会社を挙げたのは2.0%だった。希望する情報として最も多いのは「在宅実務に関すること」で54.1%で、次いで27.9%で「地域の在宅医療情勢」だった。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー