【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

中外 ALK陽性非小細胞肺がん治療薬アレセンサカプセルを新発売

公開日時 2014/09/08 03:50

中外製薬は9月5日、ALK陽性非小細胞肺がん治療薬アレセンサカプセル20mg、同40mg(一般名:アレクチニブ塩酸塩)を同日に新発売したと発表した。承認条件となっている全例調査では1000例の集積を目標とし、同じく承認条件の流通管理では施設要件や医師要件を定める。用法・用量は、通常、成人には1回300mgを1日2回経口投与する。薬価は20mgが1カプセル901.70円、40mgが同1763.90円で、1日薬価は2万6458.50円となる。中医協資料によると、ピーク時売上予想は10年後に213億円。

 

同剤は中外の鎌倉研究所で創製され、世界に先駆けて日本で承認された。欧米をはじめとする海外の権利はロシュに導出しており、開発コード「RG7853」として臨床試験が実施されている。

 

非小細胞肺がん患者の2~5%でALK融合遺伝子の発現が報告されている。この遺伝子が発現している細胞は恒常的にALKのキナーゼ活性が上昇して細胞増殖が制御されず、細胞が腫瘍化していると考えられている。同剤は、このキナーゼ活性を選択的に阻害することで腫瘍細胞の増殖を阻害し、細胞死を誘導することで抗腫瘍効果を発揮する。ALK陽性非小細胞肺がん治療薬は、ファイザーが12年5月に製品名ザーコリカプセル(一般名:クリゾチニブ)として発売しており、アレセンサは2剤目となる。 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー