【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

田辺三菱・14年度第2四半期 レミケード9.8%減 薬価改定で 長期収載品はGE影響拡大

公開日時 2014/10/30 03:51

田辺三菱製薬は10月29日、2015年3月期(14年度)第2四半期(4~9月)決算を発表し、4月の薬価改定で市場拡大再算定が適用されて薬価が10.9%下がった抗リウマチ薬レミケードや長期収載品の減収が大きく影響し、国内医療用医薬品事業は売上1552億400万円、前年同期比9.2%減となった。長期収載品は薬価改定に加え、「想定を上回るジェネリックの影響拡大」が響いた。

国内の医療用医薬品の売上を見ると、主力のレミケードは352億円(前年同期比9.8%減)だった。ただ、期初計画に比べて19億円の増収となっており、健闘したともいえる。一方、長期収載品は慢性腎不全薬クレメジン、肝疾患薬ウルソ、抗血小板薬アンプラーグなどが前年同期比で2ケタ減収だったほか、脳保護薬ラジカットは3割以上の減収となった。入院医療で使われるラジカットは、今年4月の診療報酬改定でDPC病院の入院医療に導入された後発品使用促進策(=後発医薬品指数)が影響したと思われる。

連結業績も国内業績の影響を受けて、売上は1998億8300万円で、1.9%の減収だった。しかし、利益面はノバルティスに導出した多発性硬化症治療薬ジレニア、ヤンセンに導出したSGLT2阻害薬インヴォカナのロイヤリティ収入の増加などにより、各利益段階で2ケタ増益を達成した。なお、ジレニアのロイヤリティ収入は188億円(33.9%増)、ジレニアのロイヤリティ収入を含む「ロイヤリティ収入等」は279億円(82.3%増)の大幅増だった。

【14年度中間期連結業績(前年同期比) 通期予想(前年同期比)】
売上高1988億8300万円(1.9%減) 4060億円(1.6%減)
営業利益349億5400万円(14.8%増) 600億円(1.5%増)
経常利益354億5500万円(10.1%増) 615億円(0.6%減)
純利益325億1800万円(13.9%増) 405億円(10.8%減)

【14年度中間期の主要製品国内売上(前年同期実績) 通期予想、億円】
レミケード352(390)703
タリオン61(51)164
セレジスト79(91)154
メインテート72(77)145
シンポニー50(44)115
ヴェノグロブリンIH57(56)115
クレメジン54(64)105
ウルソ51(64)99
アンプラーグ44(59)84
デパス41(50)81
レクサプロ34(24)80
ラジカット38(57)72
テネリア27(0)65
ヘルベッサー28(35)55
タナトリル24(32)46
ワクチン計111(140)282
内インフルエンザ9(11)76
内テトラビック36(34)71
内水痘ワクチン19(19)52
田辺製薬販売取扱品(ジェネリックなど)64(67)137

【その他】
ロイヤリティ収入等279(153)536
内ジレニア ロイヤリティ188(141)非開示
 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー