【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

テルモ 重症心不全治療用の細胞シートを承認申請 患者の細胞を培養

公開日時 2014/11/12 03:50

テルモはこのほど、補助人工心臓などが必要になる重症の心不全患者の治療用の骨格筋芽細胞シートを日本で承認申請したと発表した。患者の大腿部から筋肉組織を採取し、体外で培養し、傷んだ心筋の表面に貼り、新機能の改善を目指す。正常な心筋機能が失われた箇所に血管が生成されることによるもので、世界初の心筋再生医療製品となる可能性がある。

 
同社は07年より細胞シートの開発に着手し、12年から国内3医療機関で治験を開始、14年に完了した。細胞シートは、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のプロジェクトで大阪大学の澤芳樹教授が開発を進め、臨床研究を実施。同社は、大阪大学との共同研究を進め、先端医療開発特区「スーパー特区」の「細胞シートによる再生医療実現プロジェクト」(研究代表者:東京女子医科大学 岡野光夫教授)に参加し、実用化の検討を進め、治験を進めた。10月30日に再生医療等製品として承認申請を行った。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー