【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

英NICEガイダンス案 アイリーア、Ozurdexを糖尿病性黄斑浮腫の適応で推奨

公開日時 2015/06/10 03:50

英国立医療技術評価機構(NICE)は6月2日、独・バイエル薬品(Bayer Pharma)の眼科用薬Eylea(日本製品名:アイリーア、一般名:アフリベルセプト)硝子体注射液および米Allerganの眼科用薬Ozurdex(一般名:デキサメタゾン硝子体内インプラント)について、糖尿病性黄斑浮腫(DME)の適応で英国民保健サービス(NHS)における使用を推奨する内容の最終ガイダンス案を発表した。


アイリーアは、VEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤で、網膜における異常な血管新生を抑制する。同剤の英国における薬事承認は、成人における糖尿病性黄斑浮腫による視力障害の治療。ガイダンス案では、同剤のNHSでの使用の推奨条件として、治療開始時に中心網膜厚が400μm以上あること、および当該企業が患者アクセススキームの割引価格に合意していることとした。


用法用量は、2mg硝子体内注射を5か月連続で毎月1回投与し、その後2か月毎に1回投与する。薬価は、1バイアルあたり816ポンド(付加価値税除く。英国ナショナルフォーミュラリー2015年1月版)。バイエル薬品は、患者アクセススキームに合意している。


NICEは、今年2月20日、DMEの適応でNHSにおける使用を推奨する第1次ガイダンス案を発表していた。


Ozurdexは、炎症を抑え、浮腫を予防する副腎皮質ステロイド剤である。同剤の英国における薬事承認は、成人における、眼内レンズ(偽水晶体)もしくは非副腎皮質ステロイド剤の効果が不十分か、不適切な患者のDMEによる糖尿病性黄斑浮腫による視力障害の治療。薬価は、700μgインプラント剤および塗布器を含め870ポンド(付加価値税除く。英国ナショナルフォーミュラリー68版)。


インプラントごとに、700μgのデキサメタゾンを眼底に6か月以上にわたって送達する。インプラント剤は完全に溶解するまでに最大270日、硝子体液に留まる。

英国では、2013年には270万人の17歳以上の青少年および成人が糖尿病と診断された。糖尿患者のうち、約18万9000人がDMEに罹患しているという。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー