【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日本リリーと大日本住友 週1回GLP-1受容体作動薬トルリシティを新発売

公開日時 2015/09/17 03:52

日本イーライリリーと大日本住友製薬は9月16日、2型糖尿病に用いる週1回投与のGLP-1受容体作動薬トルリシティ皮下注0.75mgアテオス(一般名:デュラグルチド(遺伝子組換え))を同日に新発売したと発表した。薬価は同剤1キット3586円。製造販売承認は日本リリー、販売・流通は大日本住友、情報提供活動は両社で行う。

同剤は、食事摂取などによって体内の血糖値が高くなった場合に、血糖値依存的にインスリン分泌を促進する。「アテオス」と呼称する1回使い切りのオートインジェクター型注入器によって提供され、注射針があらかじめ取り付けられている注入器の注入ボタンを押すことで自動的に注射針が皮下にささり、あらかじめ1回量が充填されている薬液が注入される。注射が完了したら注射針が注入器の中に自動的に戻る。両社は使いやすさも訴求ポイントのひとつにする。

日本で実施した臨床試験では、単独療法ではHbA1c低下を指標に、プラセボに対する優越性とリラグルチドに対する非劣性を確認。SU薬やビグアナイド薬との併用療法ではHbA1cを指標に、インスリングラルギンに対する非劣性及び副次項目として優越性が確認された。

両社は新発売にあたり、「これまで築いてきた糖尿病領域における経験を相乗的に活かし、両社一丸となって2型糖尿病治療の新たな選択肢として期待されるトルリシティを販売して、日本の2型糖尿病治療に一層の貢献をしていきたい」とコメントした。日本リリーは注射薬、大日本住友は経口薬で培った強みを生かす。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー