【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

興和 新規作用の経口高脂血症治療薬「K-877」を国内承認申請

公開日時 2015/10/20 03:52
興和は10月19日、脂質の合成低下に関与する選択的PPARαアゴニスト(SPPARMα)「K-877」(一般名:ペマフィブラート)を経口高脂血症治療薬として日本で承認申請したと発表した。PPARαを活性化することで中性脂肪の低下作用とHDL-コレステロールの増加作用などを示すとされ、選択性を高めたこのSPPARMαは、従来のPPARαアゴニストのベネフィットを高め、リスクを軽減することを目指したとしている。
 
「K-877」は同社が創製した。治験では、スタチン製剤との併用試験も行い、臨床上問題となる薬剤血中濃度の変化はなく、単独投与と同様に有効性や安全性が確認されたとしている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー