【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

協和キリン・17年第2四半期 国内医薬3.1%減 薬価改定とGE浸透で 下期は一部で上振れ見込む

公開日時 2017/07/31 03:50

協和発酵キリンが7月28日に発表した2017年12月期第2四半期(1~6月)決算は、新製品の売上を伸ばす一方、薬価改定や後発医薬品(GE)の浸透による長期収載品への影響が大きく、医薬セグメントの国内売上高は983億円、前年同期より3%減となった。

国内では、持続型G-CSF製剤ジーラスタ、パーキンソン病治療薬ノウリアスト、DPP-4阻害薬オングリザといった新製品の売上はいずれも10%以上の増収となった。しかし、最主力品で腎性貧血などに用いるネスプは、薬価改定で汎用規格が7.6%の薬価引き下げを受けたことが影響し3%減。抗アレルギー薬アレロック、高血圧症・狭心症治療薬コニールなど長期収載品がGEによる浸食を受けて売上を減らし、減収につながった。

ただ下期は、一部製品で上振れを見込んだ。その中でアレロックは通期計画を13億円引き上げ154億円、二次性甲状腺機能亢進症治療薬レクパラは5億円引き上げ183億円、パタノールは7億円引き上げ128億円に、それぞれ上方に修正。通期計画では、国内売上は18億円引き上げ1958億円としたが、前年同期比では3%減。

海外事業を含む医薬事業は、アストラゼネカからのベンラリズマブ関連収入により、技術料収入が53億円増の61億円となった影響が大きく、売上高は1357億円、2.6%増。営業利益は207億円、77.7%増となった。通期では増収、営業増益を見込む。

 
【連結実績(前年同期比) 17年通期予想】←修正前
売上高   1756億8500万円( 0.9%増) 3470億円( 1.2%増)←3440億円
営業利益   241億2700万円(57.3%増)  390億円(23.3%増)←350億円
経常利益  220億4400万円(61.1%増)  350億円(32.6%増)←300億円
当期純利益 136億7000万円(27.0%増)  210億円(12.5%増)←190億円
 
【主要製品売上(前年同期実績) 17年通期予想、億円】←修正前
ネスプ    266(274)564←572
エスポー     6(  8) 12←11
レグパラ    94( 94)183←178
ロカルトロール 19(21)37←36
オングリザ  33( 29) 75←77
コニール   32( 40) 63
ジーラスタ  81( 74)176←178
グラン     15( 29) 32←30
フェントス 28( 29) 61
ポテリジオ  9(  9) 18←17
ロミプレート33( 30) 29
アレロック  91(108)154←141
パタノール  88( 90)128←121
アサコール  20( 24) 40
ドボベット  26( 29) 52←48
ノウリアスト72( 53) 85←87
デパケン   32( 37) 65←66
ナウゼリン 11( 14) 25
ルミセフ   2(なし) 8
技術料収入 61( 7) 74
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー