【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

帝人・小西医療機器 ICタグで病院の物流情報を一括管理 新システム開発

公開日時 2019/10/24 03:50
帝人と小西医療機器(本社:大阪市中央区)は10月23日、ICタグを使って医療現場の消耗品管理を円滑に行う専用物流システムを共同開発したと発表した。システムは、ICタグが貼付された物品カードを、「レコファインダー」と呼ばれる読み取り機に投函すると、医療材料の使用実績が自動登録されるというもの。院外倉庫に情報が流れるため、入荷から使用まで物流情報を一括管理でき、発注業務の大幅な削減が可能になると期待が寄せられている。

システムは、注射針やマスクなど管理対象物にICタグを貼り付けることで、外部倉庫での入出荷や病院への入荷、院内での使用に至るまで、物流業務全てを一括管理できるという仕組み。ICタグを使用時にはがし、患者台紙に貼り換えれば、どの患者に何の物品を使用したのかも把握できるため、医療材料のトレサービリティ確保による安全性の向上や、患者ごとの原価管理も可能となる。

システムはすでに公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院(大阪市北区)に導入され、従来のバーコードによるシステムに比べ、読み取り機を各部署に設置できることから、管理の手間が省けるなどの利点が評価されているという。

両社では、今後同病院での運用における業務改善効果を実証しながら、導入施設の拡大を図りたいとしている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー