【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日本調剤 薬局内の宅配ロッカー活用で実証スタート 薬剤師からの処方薬受け渡しが非接触に

公開日時 2020/11/04 04:50
日本調剤は11月2日、薬局内に設置する宅配ロッカーを用いて、非接触で処方薬の受け渡しを行う実証実験を開始したと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響を懸念する患者も多いなかで、待ち時間の短縮により感染症対策ができるほか、作業の効率化も期待できるとしている。

患者が処方箋を用いて来局すると、通常は処方薬を受け取るタイミングで、服薬指導を受ける。実証実験では、処方箋受付時に服薬指導を実施するとともに、QRコードを渡す。調剤後に、処方薬はロッカーに預け、患者が再び来局した際にQRコードをロッカーにかざせば、自身の処方薬が受け取れる仕組みだ。調剤が終わるまで薬局内で待つ必要がなくなるほか、店外から戻った際に薬剤師に声をかけることなく、処方薬を受け取ることができる。待ち時間を解消することで、感染症対策や、作業の効率化、患者や店舗スタッフの安全性向上などが期待できる。宅配ロッカーは、フルタイムシステムが開発、展開する宅配ロッカーのスマートピックアップロッカーを用い、今回の実証では16個が使用可能という。

実証を行う、日本調剤星川薬局(神奈川県横浜市)は、コロナ禍でオンライン服薬指導の実績があるほか、駅前で待ちあいスペースも大きいことから、実施店舗に選んだという。日本調剤は実証の結果を踏まえ、今後の展開を検討するとしている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー