【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

武田薬品・岩﨑プレジデント デジタルリード・MR220人 国家試験「ITパスポート」取得へ

公開日時 2020/11/05 04:52
武田薬品の岩﨑真人・取締役ジャパンファーマビジネスユニットプレジデントは11月4日、本誌インタビューに応じ、「デジタルリード」として全国に配置したMR220人について、国家試験「ITパスポート(iパス)」の資格取得を社内制度化したことを明らかにした。すでに3分の1が合格証書を取得した。リアルとデジタルのベストミックスを現場からリードする。また11月に新設した「ジャパンリージョナル&ニューロサイエンスBU」(JRNS)に、100%リモート活動に徹するリモートプロモーターを設置したことも明かした。将来的にオンライン診療から患者宅への医薬品配送までをシームレスにつなぐデジタル化社会の実現などを睨み、まずは地域で異なる医療ニーズを把握し、現場の環境変化に俊敏に対応する活動を目指す。

◎5つの主要ビジネスエリアにビジネス体制を刷新

同社はこの日、国内ビジネス体制をゼロベースで刷新し、新たな組織体制を発表した。5つのビジネスエリアへの注力を明確化したもの。①GIスペシャルティBU(GISBU)、②レアディジーズBU(RDBU)、③ジャパンリージョナル&ニューロサイエンスBU(JRNS)、④日本オンコロジー事業部、⑤日本製薬-。主な狙いでは、専門性の高いグループを作ってコアビジネスエリアを強化するほか、日本の医療環境の変化に俊敏に対応するため、エリアごとのニーズ把握や地域医療の窓口としての活動基盤の構築を進める。加えて、リアルとデジタルを適切に使い分けるベストミックスを追求し、より高い生産性の実現を期待している。

◎キーワードは「リアルとデジタルのベストミックス」

岩﨑プレジデントは、「これからのキーワードはベストミックスだ。フィールド(現場MR)だけでなく、本社でもデジタルとリアルのベストミックスを追いかけることで高い生産性を作っていきたい」と述べ、社内カルチャーの変革に強い期待を寄せた。その上でフィールドMR220人を「デジタルリード」に任命したとし、現場からのボトムアップによるデジタル意識の変容を促進したい考えだ。なお、デジタルリードは全員、国家試験「ITパスポート(iパス)」の合格証取得を目指す。

◎デジタルの意識変容 すでに800位のアイディア出し

ITパスポート(iパス)は、AIやビッグデータ、IoTなどの技術や手法だけでなく、経営全般の知識習得も含まれている。岩﨑プレジデントは、「求められるスキルセットが変わってきているのは事実だ」と強調。「かつて医療経営士の資格取得で環境変化を学んだ。これからはデジタルを強化することが求められている」と述べ、すでに彼ら自身で800位のデジタルに関するアイディア出しを行っているなど、デジタル文化の浸透に強い期待感を示した。

◎JRNSに「リモートプロモーター」新設 医療環境変化に俊敏に対応できる活動を

このほかAIやビッグデータを利活用した医療の変革を見据え、JRNSに「リモートプロモーター」を新設した。同社は今年5月にパーキンソン病患者を対象とした実証試験「神奈川県共同プロジェクト」を公表している。同プロジェクトでは、次世代ヘルスケアシステム構想として、在宅患者を対象に、デバイスモニタリングを活用しながら、オンライン診療・オンライン服薬指導・医薬品配送をシームレスに提供する仕組みの検討に着手したところ。

岩﨑プレジデントは、「こうした医療環境の変化に俊敏に対応できるような地域に根差した活動を展開したい」と述べた。なおJRNSは全国を10の地域に分け、医療ニーズをきめ細かく把握する。その上で、リアルとデジタルを使い分けながらベストミックスを探る活動に注力する考えだ。また神奈川県共同プロジェクトについて岩﨑プレジデントは、「まだパイロットだが、これが見えてくれば一つのビジネスの流れの中に入ってくると思う」と述べた。



プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(29)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー