【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

オンライン診療の「MICIN」 H.U.グループ、投資ファンド、保険会社と提携 医療・健康ビジネス開発へ

公開日時 2021/01/27 04:52
オンライン診療サービスなどを提供する「MICIN」(マイシン・原聖吾代表取締役)は1月26日、H.U.グループホールディングス、複数の投資ファンド、複数の大手民間保険会社と資本・業務提携を締結したと発表した。各社が持つ技術やノウハウ、サービス、顧客基盤等とマイシンの有する開発力や医療・健康・ヘルスケア分野におけるサービスとのシナジーを見込んだもの。各社との提携により、さらなるサービス拡大や開発などを行うことにしている。

マイシンが資本・業務提携したのは、H.U.グループホールディングス、SBIインベストメント、Sony Innovation Fund by IGV、日本生命保険相互会社、富国生命保険相互会社、明治安田生命保険相互会社など。このうちH.U.グループホールディングスは、エスアールエル、富士レビオ、日本ステリなどを主要子会社に持つ。同社は、これまで受託臨床検査および検査薬の製造・販売を事業の柱に据えてきたが、社会構造や社会システムなどの環境変化を捉え、事業領域を公的保険の枠組みを超えたヘルスケア分野にまで拡大していた。

SBIインベストメントはSBIグループのベンチャーキャピタル(VC)でオープンイノベーションによる新規事業の創造などを手掛ける。一方のSony Innovation Fund by IGVはソニーと大和証券グループが50%ずつ出資したInnovation Growth VenturesをGPとする投資ファンド。さらに、日本生命、富国生命、明治安田生命はいずれも国内大手生命保険会社だ。

◎オンライン診療以外に医薬品の臨床開発向けデジタルソリューション事業も注力

マイシンは、オンライン診療サービス「クロン」、オンライン服薬指導サービス「クロンお薬サポート」などを手掛けるアプリケーション事業で成長している。最近は、医薬品の臨床開発向けデジタルソリューション事業、診療・患者生活を支援するデジタルセラピューティクス事業にも注力する。

同社は今回の資本・業務提携を発表する中で、「医療や健康に関する情報がデータ化され、テクノロジーの進化により、医療現場で当たり前に使われることを目指し、サービス開発、提供を行っている」と強調した。各社との提携については、「さらなるサービス拡大や開発などを行い、当社のビジョンである“すべての人が納得して生きて、最期を迎えられる世界”の実現に向け邁進する」としている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー