【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

新型コロナワクチン接種後の死亡例1例報告 因果関係は「評価不能」 厚労省

公開日時 2021/03/03 04:51
厚生労働省は3月2日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後に1例の死亡例が報告されたと発表した。60代の女性で、報告者によると死因はくも膜下出血と推定されると報告されているという。因果関係は「評価不能」としている。

女性は、2月26日に接種、3月1日に死亡した。基礎疾患やアレルギーはなかったという。

◎海外ではくも膜下出血とワクチンの関連は報告なし 偶発事例の可能性も

森尾友宏・厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会長は、「くも膜下出血が40~60歳代で比較的起こりやすい疾患とされており、今のところ海外における接種事例でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていないようである」と指摘。「偶発的な事例かもしれないが、この症例についても更に情報を収集し、今後の審議会で評価していく必要がある」としている。

岡明・薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会長は、「くも膜下出血であったとすれば、一般には以前からあった動脈瘤などの破裂が原因となることが多く、こうした年代の方々に生じうる疾患と考えられる。ワクチンとの関連については、海外での治験や接種後の報告でも、新型コロナワクチン接種後にくも膜下出血が増加するとの知見は報告されていない様である。事例に関する情報等を更に収集した上で、今後の審議会で検討することになる」としている。

◎172バイアル使用不可 医療機関が同一電源コンセント共有で電源不足が原因


新型コロナワクチンを保管するディープフリーザーの稼働が停止し、ワクチン172バイアルが使用不可になった問題を受け、厚生労働省は3月2日、調査結果を公表した。ディープフリーザーの故障は認められず、同一の電源コンセントに複数の機器が共有された状態で使用されていたため、電力不足に陥ったことが原因と判明したという。厚労省は、ディープフリーザーを設置した医療機関等に対し、再発防止に向けた注意喚起を行うとしている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(23)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー