【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

世界のブロックバスター 売上上位20製品の半数ががん関連 売上1位はヒュミラ、9年連続

公開日時 2021/07/07 04:52
ミクス編集部が日米欧の製薬企業の決算資料から2020年のグローバル製品売上を集計した結果、売上1位はアッヴィの自己免疫疾患治療薬ヒュミラとなった。売上は198億ドル、前年比4%増で、ミクスの調べでは9年連続でトップの座についた。売上上位20製品の半数をがん関連製品が占めたことも確認された。がん関連製品の売上1位は米メルクのがん免疫療法薬キイトルーダで売上は143億ドル、前年比30%増。キイトルーダは全製品の売上ランキングで、2年連続でヒュミラに次ぐ2位となった。

20年に世界で10億ドル以上を売り上げたブロックバスターリストを会員向けに公開しています14日間の無料トライアルはこちら)。PDF版はこちらExcel版はミクス7月号巻頭特集の図表データのひとつとしてこちらからダウンロードしてご覧ください。

製品売上は原則20年12月期売上だが、武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、大日本住友製薬は21年3月期売上となる。1ドル=106.77円、0.877ユーロ、0.939スイスフラン――などの為替レートでドル換算してランキング化した。

上位20製品のうちがん関連製品は、2位のキイトルーダ、3位のレブラミド(ブリストル・マイヤーズ(BMS))、7位のオプジーボ(BMS)、9位のイブランス(ファイザー)、10位のアバスチン(ロシュ)、11位のイムブルビカ(アッヴィ)、17位のマブテラ/リツキサン(ロシュ)、18位のタグリッソ(アストラゼネカ)、19位のイクスタンジ(アステラス製薬)、20位のダラザレックス(ジョンソン・エンド・ジョンソン)――の10製品あった。

今回、タグリッソ、イクスタンジ、ダラザレックスがトップ20入りし、前年9位のハーセプチンは20位圏外となった。

◎増収額1位はキイトルーダ 2位はベクルリー

100億ドル以上製品は3製品で、ヒュミラ、キイトルーダ、レブラミド(121億ドル、12%増)となる。このうちキイトルーダは前年から32億ドル伸ばし、全製品の中でトップの増収額とした。

増収額の2位は新型コロナウイルス治療薬ベクルリー(ギリアド・サイエンシズ)だった。20年5月1日に米国で重症のコロナ入院患者を対象に緊急使用が許可され、同年10月時点で50の国で承認または緊急使用許可された新薬で、20年に一気に28億ドルを売り上げた。増収額の3位は抗HIV薬ビクタルビ(ギリアド・サイエンシズ)で25億ドル伸ばした。

◎ブロックバスター保有数 内資系最多タイはアステラスと武田薬品の3製品

企業別に10億ドル以上のブロックバスター製品をカウントすると、ノバルティスとロシュが各14製品でトップタイ、3位はジョンソン・エンド・ジョンソンの12製品だった。内資系企業の最多はアステラス製薬と武田薬品の各3製品。アステラスは▽イクスタンジ▽免疫抑制薬プログラフ▽過活動膀胱治療薬ベタニス――、武田薬品は▽潰瘍性大腸炎治療薬エンタイビオ▽AD/HD治療薬ビバンセ▽血友病薬アドベイト――が10億ドル以上を売り上げた。

このほかの内資系企業のブロックバスター製品は、大日本住友製薬の抗精神病薬ラツーダ、第一三共の抗凝固薬リクシアナ、エーザイの抗がん剤レンビマ、大塚製薬の統合失調症薬エビリファイメンテナの4社4剤となる。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(13)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー