【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

SMA治療薬エブリスディと片頭痛治療薬アイモビーグが発売

公開日時 2021/08/13 04:50
中外製薬の脊髄性筋萎縮症治療薬エブリスディドライシロップと、アムジェンの片頭痛治療薬・アイモビーグ皮下注が8月12日、発売された。両剤は同日薬価収載され、即日販売を開始した。

即日発売の製品は次のとおり。カッコ内は成分名、製造販売元。内服薬・注射薬・外用薬順、薬効分類順。

エブリスディドライシロップ60mg、(リスジプラム、中外製薬)
薬効分類:119 その他の中枢神経系用薬(内用薬)
効能・効果:脊髄性筋萎縮症
薬価:60mg1瓶 974,463.70円(1日薬価:63,714.40円)

脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する初めての経口薬。中枢神経系及び全身のSMNタンパクレベルを増加させるように創製されたSMN2スプライシング修飾薬。

生後2か月以上2歳未満の患者にはリスジプラムとして0.2mg/kgを1日1回食後に経口投与する。2歳以上の患者にはリスジプラムとして体重20kg未満では0.25 mg/kgを、体重20kg以上では5mgを、1日1回食後に経口投与する。 添付文書には、重要な基本的注意として、SMAの診断及び治療に十分な知識・経験を持つ医師のもとで行うこととされている。同剤は、例外的に14日間の処方制限の対象外となっている。

8月4日に開かれた中医協で薬価収載は了承されたものの、費用対効果評価の該当性については、「保留」とされており、改めて議論される予定(関連記事)。


アイモビーグ皮下注70mgペン (エレヌマブ(遺伝子組換え)、アムジェン)
薬効分類:119 その他の中枢神経系用薬(注射薬)
効能・効果:片頭痛発作の発症抑制
薬価:70mg1mL1キット 41,356円(1日薬価:1,477円)

抗CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)受容体モノクローナル抗体。
投与中は症状の経過を十分に観察し、投与開始後3カ月を目安に治療上の有益性を評価し、症状の改善が認められない場合には、本剤の投与中止を考慮することとされている。添付文書上では、重篤な副作用として、重篤な過敏症や重篤な便秘が明記されており、投与に際して注意することが求められている。

発現した頭痛発作を緩解する薬剤ではないため、「投与中に頭痛発作が発現した場合には必要に応じて頭痛発作治療薬を頓用させること」としている。また、効能・効果に関連する注意として、「十分な診察を実施し、前兆のある又は前兆のない片頭痛の発作が月に複数回以上発現している、又は慢性片頭痛であることを確認した上で本剤の適用を考慮すること」、「最新のガイドライン等を参考に、非薬物療法、片頭痛発作の急性期治療等を適切に行っても日常生活に支障をきたしている患者にのみ投与すること」とされている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー