【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

インタラクティブS 「vLinkage」でMR活動データとリアルタイム連携、顧客応対や質問対応を迅速化

公開日時 2023/03/01 04:49
インタラクティブソリューションズ(関根潔代表取締役)は2月28日、顧客営業活動データをリアルタイムでCRMやデータウェアハウスに連携できる「vLinkage(ブイリンケージ)」のサービス提供を開始したと発表した。同社によると、塩野義製薬がグローバルクラスのCRMへの入れ替えを機に、リアルタイムでMR活動の情報を収集できる同サービスを導入したという。MRの活動データのリアルタイム性をアップするだけでなく、MRが訪問する医師や医療従事者からのニーズ応対や質問対応がスピードアップし、オウンドメディアでも対応可能になる。

「刻一刻と変わる顧客のニーズを“いち早く・正確に”把握し、メディカルニーズに速やかに対応したい」-。同社は、こうした製薬各社のニーズを解決するため、現場の情報とCRMの情報を即時に連携(linkage)させ、データを即時に収集・解析・最適化(パーソナライズ化)するとのコンセプトから「vLinkage」を誕生させた。

「vLinkage」には、①優れた操作性が営業活動の報告を簡易化、蓄積データ量をアップ、②営業活動データのリアルタイム性をアップ、③現場のニーズ応対・質問対応がスピードアップし、オウンドメディアでも対応可能に―という3つの強みがある。同社が開発・サービス提供している「Interactive-Pro」を通じ、対面での活動報告も、顧客と実施項目を選んで紐づけするだけの簡単なステップで完了できるという特徴を有する。このため、ユーザにストレスを与えること無く、リアルな情報を含む大量のデータ収集が可能だ。また、MRが医療機関を訪問した際の情報は即時にデータベースにアップロードでき、そのままCRMに連携できる。このため現場の情報を正しくスピーディに把握することが可能となる。

さらに、営業活動に必要な数多くのドキュメントを「Interactive-Pro」の中に格納できるので、顧客からの急な資料の要望にも対応できるほか、医療従事者との面会時の質問にその場で答えられるよう、AIを活用した音声検索(レコメンド機能・特許取得)がMR活動をサポートする。このほか、プライバシーに配慮し、音声データをリアルタイムにデータ化することが出来る技術を生かし、今後は顧客からの質問のリアルタイムでの収集・分析ができるよう開発を進めているとした。

◎塩野義製薬の導入実績 営業現場の情報も付加情報としてリアルタイムでCRMに連携

同社は、「vLinkage」の導入実績として塩野義製薬の事例を紹介している。選定ポイントとしては、CRMとInteractive-Proの双方向でCRMの活動情報を連携できるほか、担当者からの報告だけでなく、営業現場の情報も付加情報としてリアルタイムでCRMに連携されることをあげた。さらに、マッピングツールにより、Interactive-ProとCRMオブジェクトの連携を簡単な操作で設定でき、開発・保守の省力化が図れることなども指摘している。


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(11)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー