【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

5種混合ワクチン相次ぎ発売 KMバイオのクイントバック、阪大微研のゴービック 4月から定期接種

公開日時 2024/03/18 04:48
既存の百日せき、ジフテリア、破傷風、不活化ポリオ混合ワクチンの4種混合ワクチンに、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型(Hib)の抗原成分を加えた5種混合ワクチンが相次ぎ発売された。KMバイオロジクスが製造販売する5種混合ワクチン・クイントバック水性懸濁注射用は3月14日に、阪大微生物病研究会が製造販売するゴービック水性懸濁注シリンジは15日に発売した。5種混合ワクチンは4月1日から定期接種に位置付けられる。

4種混合ワクチンとHibワクチンは現在、定期接種に位置付けられているが、合計8回の接種が必要になっている。5種混合ワクチンを用いると4回に削減され、乳幼児や保護者の負担軽減につながることが期待されている。

クイントバックは、KMバイオが製造販売するクアトロバックにHibの抗原成分を加えたもの。このHibの抗原成分はKMバイオが開発したもので、クイントバックに使用する抗原はすべて国内生産だとしている。クイントバックはMeiji Seika ファルマが販売及び情報提供・収集活動を行う。

ゴービックは阪大微研が製造販売するテトラビックにHibの抗原成分を加えたもの。田辺三菱製薬が販売し、医療機関への情報提供・収集活動は田辺三菱製薬とファイザーが共同で行う。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー