英NICE最終ガイダンス 大腸がん薬アフリベルセプトを推奨せず

公開日時 2014/04/18 03:50
  • Twitter
  • 印刷
仏サノフィ社の直腸結腸がん治療薬Zaltrap(アフリベルセプト)が、英国立医療技術評価機構(NICE)の最終ガイダンスでNHS(英国民保健サービス)における保険償還対象として、その使用について推奨されないことが決まった。NICEが3月24日同最終ガイダンスを発表し、明らかになった。NICEの独立評価委員会は、同剤について、オキサリプラチンを含むレジメンに抵抗性があるか、あるいは、同レジメン治療後に進行した転移直腸結腸がんに臨床的に有効であると考慮したが、サノフィ社が提出した割引価格で製品を提供する仕組みである患者アクセススキームを考慮しても、NHSの資源を利用するには費用対効果があるとは考えられないと断言した。NICEは、最終ガイダンスの案の段階で、非推奨を提案、サノフィ社から異議申し立て...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/