【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

英NICE最終ガイダンス 大腸がん薬アフリベルセプトを推奨せず

公開日時 2014/04/18 03:50

仏サノフィ社の直腸結腸がん治療薬Zaltrap(アフリベルセプト)が、英国立医療技術評価機構(NICE)の最終ガイダンスでNHS(英国民保健サービス)における保険償還対象として、その使用について推奨されないことが決まった。NICEが3月24日同最終ガイダンスを発表し、明らかになった。


NICEの独立評価委員会は、同剤について、オキサリプラチンを含むレジメンに抵抗性があるか、あるいは、同レジメン治療後に進行した転移直腸結腸がんに臨床的に有効であると考慮したが、サノフィ社が提出した割引価格で製品を提供する仕組みである患者アクセススキームを考慮しても、NHSの資源を利用するには費用対効果があるとは考えられないと断言した。


NICEは、最終ガイダンスの案の段階で、非推奨を提案、サノフィ社から異議申し立てを受け、今年1月23日にはヒアリングも開催したが、異議をすべての点で却下した。


NICEのAndrew Dillon事務局長は、「我々はすでに結腸直腸がんの各ステージに応じた6種類の抗がん剤を推奨しているが、アフリベルセプトを治療法の新規のオプションとして加えられなかったのは残念だ。しかし、我々はNHSの資源を使って、この薬剤に支払うことを正当化できるベネフィットについて確信を持たなければならない」と話し、同剤の価値がNHSの使用にはふさわしくないとの考えを示した。


アフリベルセプトは、イリノテカンおよびフルオロウラシルをベースとした療法との併用で使用されている。アフリベルセプトの薬価は、100mgバイアルが295.65ポンド、200mgバイアルが591.30ポンドである。サノフィ社は、英保健省(DOH)と患者アクセススキームに合意している。


評価委員会は、費用対効果の面について、通常NHSで受け入れられるICER(増分費用対効果比)は1QALYあたり2万ポンドから3万ポンドの範囲だが、製造業者の推定では1QALYあたり4万4000ポンド(60歳の患者)となったことを述べている。


 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー