GSK・英Adaptimmune  がん免疫療法の共同開発で合意

公開日時 2014/06/04 03:50
  • Twitter
  • 印刷
英バイオベンチャーのAdaptimmuneは6月2日、英・グラクソ・スミスクライン(GSK)とAdaptimmuneのT細胞受容体(TCR)エンジニアリング技術を活用した、がん免疫療法の共同開発ならびに商業化契約を締結したと発表した。Adaptimmuneは、同社が独自のTCRエンジニアリング技術を活用して、がん精巣抗原(CTA)のNY-ESO-1など標的としたTCRを創製。NY-ESO-1を標的としたプログラムで米国では、多発性骨髄腫、メラノーマ、肉腫、卵巣がんの臨床試験を実施し、良好な成績を生んでいる。欧州でも、近く臨床試験開始予定である。NY-ESO-1は、がん細胞に発現、正常細胞組織では精巣以外の細胞には発現しない抗原である。両社の契約によると、Adaptimmuneは、GSKとNY...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

8月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

乳がんにCDK4/6阻害薬、NSCLCに抗PD-L1抗体

 

 

8/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/