抗インフル薬 一般内科受診者の過半数にイナビル使用

公開日時 2016/04/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
16年シーズンタミフルは微増乳幼児の患者増が影響か毎年、年をまたいで流行するインフルエンザ。今シーズンは例年と比べ流行時期が遅く、4月上旬でもまだ終息とは言い切れない状況にあるが、今シーズンの流行とそれに伴う抗インフルエンザウイルス薬(以下、抗インフル薬)の処方動向について俯瞰したい。調剤薬局の調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI)のデータを用いて分析する。このため、点滴静注薬のラピアクタは分析対象外となる。前シーズンの抗インフル薬の処方せん枚数のピークは15年1月(図1)。現在わかっている今シーズンデータの15年12月~16年2月までの状況では、抗インフル薬は16年2月まで右肩上がりに伸長しており、少なくとも流行のピークが前シーズンより1か月以上遅れ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/