ノボ GLP-1アナログ・セマグルチドを日本で承認申請 週1回投与

公開日時 2017/03/06 03:50
  • Twitter
  • 印刷

 ノボ ノルディスクファーマはこのほど、GLP-1アナログであるセマグルチドを2型糖尿病の適応症で日本で承認申請したと発表した。

申請は、8000人以上の2型糖尿病患者が参加した臨床試験プログラム「SUSTAIN」の結果をもとに行われた。日本からは約1200人が参加したという。この臨床試験プログラムでは、週1回のセマグルチドは、シタグリプチン、持続性エキセナチド、1日1回投与のインスリングラルギンU100、プラセボと比較して、HbA1cを統計学的に有意に低下させ、平均体重も統計学的に有意に減少させたとしている。

最近、欧米、カナダ、スイスにも承認申請したという。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/