外資系製薬企業日本法人

公開日時 2017/04/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
情報提供活動へのデジタル活用に関心高く外資系製薬企業の日本法人が、医薬品の情報提供活動へのデジタル活用に高い関心を寄せている。最近開かれた社長会見では、情報提供活動に関して、「特にデジタル化を進めたい」「大変重視しているトピックスはデジタルによるレボリューション」などデジタル技術を活用していくとの発言や、取り組み事例の紹介が複数みられた。そこで各社の会見内容から“情報提供活動×デジタル技術”に関する部分を抜き出して紹介する。(神尾裕)日本イーライリリーデジタルチャネル専任MRを配置画面を通して情報提供最も具体的に取り組み事例を紹介したのは日本イーライリリーだ。パトリック・ジョンソン社長は会見で、医療関係者に対する情報活動や患者サポートで「特にデジタル化を進めたい」と述べ、必要な情報を、必要な...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(1)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/